BON&イワユウのコラボ釣行 宮崎遠征夏の陣 パート1

この記事が二人の出会いとなった。全ての始まり。

※ところどころ画像が取得できません。

広島から8時間弱という長い道のりを乗り越え

南国宮崎へ足を踏み入れた

待ち合わせ場所へ到着すると

顔も確認できないほどの暗闇の中に

爽やか系イケメンマッチョの彼はいた

イワユウ(メバルの人旧サイト)http://profile.ameba.jp/iwayuu-fishing/

出会い
左イワユウ 右BON(うわぁ目つぶっちゃってるよ・・・w

初顔合わせでガッチリと握手を交わし

口から出た言葉は

「早速、釣りに行きましょうか」

コイツ・・・疲れはない・・・のか・・・!?

どうやら宮崎へ到達したテンションが肉体を凌駕していたようだ

そんな彼の今回の目的は宮崎県日南市でのライトタックルゲーム挑戦である

地元日南でライトタックルゲームを専門でしている人間に未だに出会ったことがない(たまにバスタックルでバス用のマイクロプラグで遊んでいる子供たちは見るが・・・

大体シーバスかエギングかショアジギなものである

釣り人から何やってるんですかって聞かれて

ライトタックルゲームですって答えようものなら

えっ?すいませんなんですかそれ^^;って

苦笑いで聞き直される屈辱を味わうことになるのは間違いなし

近所の行きつけの釣り具屋でも

いつもラインナップが変わらないライトタックルゲームのコーナー

挙句店員さんにも大分の天草行った方が^^とか言われる始末

そんな地元日南にわざわざ広島から挑戦にきたのである

そして準備を整えポイントへ向かう

タイドグラフ無視の弾丸釣行の幕開けである

ライトタックルゲームは未経験の管理人BON

早速イワユウ先生にご教授願う

五十鈴工業のピッキーノにイーグルクローの3ftガングリップベイトという変態タックルでの挑戦

入門セットということでジグヘッドをたくさんくれたイワユウ先生

あざーすっ

そして秘伝のガルプ漬けのワームも使用許可を得た

あざーすっ

両軸愛者-秘伝のガルプ付け

(夜は撮影に失敗したので昼間に撮ったのを流用

そしてたったの数投でアタリが!

驚いていると先生が

「ライトタックルゲームはね、少しの知恵と技術で誰でも簡単に釣れるんだよ~宮崎だろうとそれはきっと変わらないはずだから~」

キャー先生カッコイイ

そしてここから先生の怒涛のラッシュが始まる
シーバス

両軸愛者-イワユウフィッシュ1 

シーバス

両軸愛者-イワユウフィッシュ2

ハタ(まさかここで釣れるとは知らなかった・・・

両軸愛者-イワユウフィッシュ3

チヌ

両軸愛者-イワユウフィッシュ10

チヌ

両軸愛者-イワユウフィッシュ6

チヌ

両軸愛者-イワユウフィッシュ9

チヌ

両軸愛者-イワユウフィッシュ4

チヌ

両軸愛者-イワユウフィッシュ12

先生は短時間で合計12匹の釣果をあげる

シーバス

両軸愛者-BONフィッシュ1 
チヌ
両軸愛者-BONフィッシュ2

管理人BONも相当数をバラシ、切られ、ひっかけ悪戦苦闘しながらも

初ライトタックルゲームで釣果をあげる

日南市の某川

自分の中じゃ全然釣れる印象のポイントではなかったが

イワユウ先生曰く

「こんなスレてないいいポイントなら向こうじゃ人が確実に入ってるよ」

らしいです

ライトタックルゲームの楽しさや厳しさを味わいながら一日目は終了しました

パート1 完

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31