ノータイド波乱釣行

4/11(土)

この日はアフロマンと周防大島へメバルを釣りに・・・・・。
タイドグラフを見ておけばよかった・・・・。

6時エリア到着するもまさかの干上がり状態。
それでもまだ引き続けている様子。

アフロマンはフロートを使って陸から。
イワユウはウェーディングで。

マサカの潮位・・・・ロータイドでもヒップまであるエリアなのにスネまでしかない。

ヒップまで浸かるほどの水深まで沖に出ると・・・・いつもより2~30m沖に出た。
これは・・・・・ある意味面白い・・・・?

日没してじりじりマイクロメバルを釣るけど・・・・かなりの渋さ。
メバル5本

そこからフィッシュサインが無くなり、ふと思った。

沖テトラの近くは土が盛れていてそれ伝いに移動できるじゃないか。
と。

このエリアはかなり遠浅でド干潮時には陸からキャストできる範囲は完全に干上がる。

干潮でテトラにゴムボを引っ張っていって係留しておいて潮位が上がってからゴムボで帰るなんて面白そう。
そんな事を考えながら沖テトラ2つ目まで距離を歩いた。

ウェーディングで海を200mちかく移動したのは初めてだw

しかしキャストを繰り返してもフィッシュサイン皆無。
途中でヘッドライトの明りとキャスト音が聞こえた。

どうやらウェーディングではなく砂地づたいに来た様子。

そのお客もどこかへ消え、
さらに100mほど奥へ行くと・・・・まさかの隣の漁港まで来てしまったw

フィッシュサインも無いので戻ろうと思ったときふと思った。

そういえば最初の場所にタックルボックス置いたまま忘れてた。

やばいなぁ・・・後入りの客も居たようだし盗まれてないだろうなぁ・・・・。

ざぶざぶざぶざぶ来た道を戻りながら最初のエリアへ戻ってきた。
が、

予感的中。

タナハシ1312が無い!!!!!!!!!!!!!

コレ

あーもう山口付近からのオークション出品をチェックするしかないなぁ・・・・。
くそ・・・・・。

ん?待てよ・・・・?

もしかしてアフロマンが持って移動してるかも。

とりあえずアフロマンの愛車まで戻りTELするが出ない。
待つしかないかぁ・・・。

と、待っているとアフロマンが戻ってきた。
その手には・・・・・、タックルボックスが無い。

試合終了のお知らせ。

「タックルボックス盗まれたわー・・・・」
「まじで?車に乗せとるよ?」

チラ

うわ・・・・乗ってる・・・・。

「盗られたらいけんけぇ乗せといたよ~」
「LINEぐらい入れとけ!血の気が引いたわ!!!」
「ある意味アフロマンに盗まれたようなものじゃねえかwwww」

ありがた迷惑とはまさにこれか!!!!!!

そういえばウェーディング途中に来たお客・・・・アフロマンだったらしい。

そうこうしていると潮も徐々に上がってきて4割くらい。
いつものエリアへ二人して移動し、フィッシュサインも無いしこれで終了するか~とキャストを開始。

メバル4本

そそくさとマイクロメバルが!

多い時で1キャスト4バイト!
アフロマンもメバルを上げて行く。

メバル4本

結局深夜2時まで釣れ続け・・・・まさかの深夜帰り。
メバル多数

合計27本。
18~20を何本かアフロマンがキープして全てリリース。

最後の最後で数が出てくれて報われる釣りになって良かった・・・・。

メバルの関連記事