リールメンテナンス

5/21(木)

そういえば2週間ほど前にウェーディング中、ライン絡みを解消するべくベリーを持っていたら

「愛すべきカーディフC2000SSが水没」した。
海水に。
オープンベアリング化されたまま。

それを忘れていて車からカーディフを引っ張り出すと、

ハンドル回らなーい

力を込めて回すと

ゾリッ、ゴロゴロゴロ、ジャゴゴゴゴゴ!

「あっ、カーディフ終わった」と思った。

とりあえず水没組のカーディフC2000SSとステラ1000PGSSを全バラに決定。

カーディフ

まず、カーディフを・・・・。

過去に1日で数十回とバラシ、調整してきたこともあってサラリとばらばらに。

オープンボールベアリングは目視で茶色い錆が無かったので塩噛みですな。
BBとローターは特に入念にお湯で超音波洗浄。

今年一番活躍していたので汚れは目立ってドス黒だった!

超音波洗浄

改めて組みなおし、フィーリングは回復。
一命を取り留めた。

次はステラ1000PGS

ステラ

AR-BNボールベアリングからは真っ黒な汚れがひたすら出続け、
獲りきれたところで回転チェック、洗浄を繰り返し完了。

AR-BNのNって「NEVER」ってことかい。

改めて組みなおすと・・・・・あれ?

失敗

フィーリングがおっも!!!
前回はオイル組だったっけ??
ドライ組みだったっけ??

なんか極端な組み方して快速フィールだった気がする。

普通にグリス塗ってしまって復活ならず。
また後日組みなおそう・・・・。

道具の関連記事