キャスティング修練

| コメント(0)

大分ジギング記事の合間にメタルジグのキャスティング練習へ行っておりました。
なぜ練習が必要なのかというと・・・

ベイトリールでメタルジグを投げるため。

タックル
 ・リール シマノ10スコーピオン
 ・ロッド テイルウォーク BeeCas2 83ML
 ・ジグ ブルーヤード ノンキーライト30g

練習につくと
P_20180509_155309.jpg
P_20180509_155312.jpg

うう~んいい雰囲気。
絶好のキャスト練習日より!

1投目からブレーキきつめで試し投げ。

ぶうぅぅぅううん ドボン。

なるほどとばねぇえええ。

2投目からブレーキを徐々に緩めてゆき、
キャスト。

ぶぅぅうううぅぅうん ドボン。
気持ち伸びたな。

ボトムとってみるか。

トン。

着底したしシャクってみるか。
ぐいんぐいん

なんだ?
生命反応があるぞ・・・。

そこら中藻や岩が多いのでゴリ巻!!!

ランディング!
P_20180509_144111.jpg

ウマヅラハギ!!
そしてクラゲの触手まみれ!!

まさかメタルジグでこんな魚上がってくるなんて想像すらしてない。
なんという交通事故か。

日が落ちるまで練習して序盤の3倍ほど飛ばせるようになったところで終了。
スコーピオンのブレーキマジで利きすぎ。

P_20180509_213838.jpg

帰ってみてみるとサイズに驚き。

余裕で30cm超えてますやん・・・・。

の関連記事
コメントする