オフショア近距離ライトジギング

| コメント(0)

5/27

親戚のA-chanに呼ばれ、ライトジギングに。
朝8時起床・・・・10時までに現着・・・・。

道具の選定時間・・・・・0秒

とりあえずこんな状況で車に乗っていたのはキャスティング用メタルジグ30~40g

出船からあれよあれよと多分5分かそんなにかからないくらいでエリア到着。

5~60gで釣っているらしいので、それくらいならと思いノンキーライト40gを落としてみる。

案外潮が利きすぎていて・・・ラインが鬼斜めになってフォールしていく。
これは底がわからんなぁ・・・・こつん。

底ついた。
とりあえずシャクっておくかと2シャクリしたところで

ズゴゴ!
フィッシューーーー!!!

まさかね・・・。
P_20180527_103818_compressed.jpg

ヤズ釣れたよ・・・・。
まじかよ。
P_20180527_102819_compressed.jpg

きちんと流せればキチンと釣れる。
これなら、自信のなかったバンピーでも釣れるのでは??

P_20180527_110613_compressed.jpg

間違いない。
ノンキーライト、バンピーは同じ重さでもフォール姿勢が違うのでノンキーライトよりバンピーの方が底どりしやすい。

P_20180527_111230_compressed.jpg

ただ、地底は岩場なのでちょっとしたミスでロストしてしまう。
で、

ノンキーライト、バンピー40g打ち尽くす。

もう重いのないです。。。
ということで親戚のA-chanにジグを借りて、100g、120gとで隠していき底どりしやすい重さをチェック。

するとメチャクチャ重い魚がかかる・・・。

指が折れそうなほどの重さ・・・上がってきた魚影は・・・

フロントリアにダブルフィッシュ!!!

P_20180527_120306_compressed.jpg

写真では外れてしまいましたが・・・・。

2~3時間ほどで10~20程釣れたのですが、イケスがいっぱいになり最初の5本だけにし
それ以降は全てリリースという形となりました。

タックル
リール:シマノ カルカッタ51DC L
ロッド:テイルウォーク ボウガンC61class60
ジグ:ブルーヤード ノンキーライト、バンピー、他

の関連記事
コメントする