ゼロから始めるライトゲームリール編

どうもライトゲーマーの筆者イワユウです。
さて、今回はゼロから始めるライトゲームリール編を書いていきます。
ライトゲームで使用するリールについて実際の経験を踏まえたうえで何を重要視するべきか順を追って?
執筆しますよー!

前回の記事「ゼロから始めるライトゲーム基礎編」でもお伝えしましたが、釣りを始めて以来筆者イワユウはほぼシマノ製リールしか触ってきていないので、シマノ製品をベースにお話を進めさせていただきます。

DAIWA党、ABU党の閲覧者さんすいません。

ライトゲームを始めるうえでおすすめするリール

まずイワユウ的にライトゲームは大まかな親カテゴリとして二派に分かれます。

  • メバルやシーバス等のバイト(アタリ)感覚が大きな五目釣り
  • アジなどのバイト感覚が小さな釣り

ライトゲームを始めるうえでは分ける必要は無いのですが、後々分けたほうが効率が上がります。
ですので分け方についてリール重量とあわせて案内していきます。

リール重量でのバイト感度変化

nimotsu_hakobu_sagyouin_woman-いらすとや

「リール重量だけでバイトが分かりやすい、分かりにくいなんて変化はないだろう。」(アルバイトではないよ)
そう思われるかもしれない。最近のリールではなおさら感じないかもしれない。

しかし、リール重量が増えることとロッド重量が増える事で実際に感度は落ちます。

簡単に逆に言えばリール、ロッド重量が軽くなることで感度が向上します。
軽い道具を揃えようとすると必然とお値段も上がってしまうんですが。。。

その点を踏まえると、メバル、シーバス五目を狙うほうが「ビンビンな感度」が必要ないのでコストが少なく済みそうですね。

ちなみに感度は落ちますがアジも釣れないことは無いんです。

リール重量のジャンル

メバルやシーバス五目等幅広く狙ううえでリール自重は入門機で210g以内に収まれば特に問題ない。
アジを狙う場合はできれば・・・そこそこハイエンド機で180g以内に収めたい。(欲を言えば最軽量のもの。)
アジ用タックルは使用するラインの細さなどの理由で本当にアジ専用になってしまいます。

両方をとるなら、ライトゲームでは上記最低2タックル以上なければ存分に楽しめない。

重量はリールの材質や加工方法によって増減します。
イワユウはライトゲームをするうえで「今までカーボンだから壊れたなどのリール破損事故」はおこった事がありません。
材質による強度はだいたい問題ない。

後々アジもやりたい・・・と思うようであれば最初からそこそこハイエンドで軽量なモデルを購入するのが良いのかもしれません。
FIRERATELのメンバーであるアフロマンはアジ専用としてしょっぱなにヴァンキッシュ1000PGSを購入しましたしね・・・。

大は小を兼ねる?

C2000とC3000
ジグ単体を投げる事を想定してお話。

むしろライトゲームに関しては逆です。でかいタックルでは飛距離が出せずバイトもわかりません。
小さなタックルでも大きな魚はランディングスキルさえあれば上がります。

飛距離を出すにはスプール径が大きい2000、C3000番ほうがいい!確かにそうです。
ラインがスプールエッジに触れる回数が減りますからね。
この矛盾。

それはスプール溝の深さによるスプールエッジにラインが当たる圧とラインの重さ、タックルバランスが基因します。
必然的にラインの太さも小さくしなくては投げるルアーの重さに対してライン抵抗が増えるので本当に飛ばない。

大で小を兼ねるタックルの使い道は、フロートやMキャロなど比較的重量のあるものを扱うときはベストです。
その用途用に2000番等の選択肢はアリです。

リール購入順序

購入するリールが1台に終わらないとして、まず最初にノーマルギヤの入門リール
そのうちレベルが上がったところでハイエンド軽量のパワーギヤを購入することがお勧め。

ぜったい1台じゃ終われないんですよ!ハマったら!

ノーマルギヤでしっかり慣れてからパワーギアを使うと、使い始め使い方がさっぱりわからない。
いつもより遠くで魚が釣れます。
そうやって困難を乗り越えて着実にレベルを上げていってほしいですね。

最後に

数あるリールですが、パーツが共通だったりもするので
好きな見た目のものを選ぶのが最初はベストかもしれません。

低価格でも最近のリールは目を見張るものがありますしね。
とくに2017年までのモデル・・・・。

2018からは方向性がまた変わってきているので見た目に関しては好みで選んでもいいでしょう。
そんなこんなで最終的にイワユウがお勧めしたいリールは18ソアレBBというね・・・(笑)

イワユウの関連記事