サーフで感電?電撃サーフワーク

| コメント(0)

デンデデ・デデデデ・・・・デンデデ・デデデデ・・・・
どうもライトゲーマーイワユウです。

前記事の激痛について詳しく書いてまいります。

前日の予報での雷雨は当日曇りになり、現地でウェーダーを履いてライトジギングを決行。
サーフでウェーディングし、股まで浸かったあたりでキャストを開始すると足に激痛が走った。
痛いので膝まで後退しても激痛は発生。

それも、若干水漏れがあるブーツの切れ目内側。

キャスト数投後に空がゴロゴロ言い始めた・・・。

どんな激痛かというと

  • キャスト後1秒?後くらいに激痛。
  • 激痛は3~4秒程続く。
  • 患部が腫れる。
  • 刺し跡や出血、傷は無い

患部の状態

あまり気持ちのいい写真ではないです。
患部写真

足に1cm大の腫れが4つほど出来ていますね。

原因の考察

イワユウ的に考察すると、
雷雲があるせいで空気中の電気?静電気?が増え、
ロッドを振ったとたん電気を吸収したか発生させた。

そして体表面を伝い、漏れのあるウェーダーブーツの切れ目の海水でアースし放電。

最初はウェーダーが真空になる圧力で痛いんだろうなと思ったけれど、キャスト毎だったのですぐキャストを辞めて
ウェーダーを脱いで大事をとって休憩しました。

静電気程度では腫れたりしないはずだけど、かなりの電圧があったのかもしれません。

対策

まず、雷警報がある日には出撃しないこと。
解除されても最低でも絶縁手袋の傾向が必須。
電子機器は持ち歩かないこと。

そんな日に穴の開いたウェーダーを使用しないこと

その他の要因

実際、小さな毒虫にやられた可能性。
新しいウエアだったのでかぶれたりする可能性。
いろいろと考えましたが刺し傷、傷跡が全くないので感電したという結論が出るまで困惑しました。

感電という断定は素人なので出来ませんが、皆様お気をつけくださいませ。

1日後にはすっかりどこだったか分かりにくくなるほど腫れは引いていました。

釣りコワの関連記事
コメントする