UUL(ウルトラウルトラライト)でアジ

「アジを釣る時にアジ仕様のロッドを使う。」
ごく当たり前な様な気がするんですが、イワユウ的には・・・・NG

なぜか。

○○-AJ
とかアジ仕様のロッドはこんな表記があったりしますよね。
本来の使い方としてキャロを使う前提で作られているものが多くて
硬い仕上がりのものがほとんど。
おまけにチューブラタイプも多い。

短距離エリアでのアジゲームではジグヘッド単体でアジ用ロッドを使う事も多いですよね。。。
釣れたと思ったらファイトが突然終了したり、口切れしてテトラに落ちたり。

何よりも竿がアジの動きについていってないから口にダメージが蓄積するんだよね・・・。

それを解消するためにしばらく前に購入したUUL
実釣でそのパワーの秘訣を解明することが出来た。

なぜか釣れるUUL+ジグヘッド、
なぜか上がるUUL+ジグヘッド

バイト チューブラでもソリッドでもいいや、他のロッドと比べてUULは吸い込みバイトの瞬間からごくやわな竿先が魚に合わせてのめり確実に吸い込ませる。
この時点でアジ仕様ロッドを使うと竿の硬さで吸い込みに対応出来ず脆い口がかりをするんですな。

ファイト UULはエクストラファストテーパーだけどレギュラーテーパーと合わせたようなよく曲がる竿。アジの鋭い突っ込みに対応してバラシ軽減に一役買ってくれます。
アジ仕様ロッドは曲がりにくく脆い口にダメージを与えるばかり。余計に釣るのが難しくなる・・・。ドラグテロテロとかの人をよく見るけどそれでは手返しが悪い。

ランディング UULは柔い柔い先と比べバット部分はしっかりしていてちょっとした規格外サイズも余裕でぶち抜きができます。
アジ仕様ロッドはここで致命的。ランディングで最後の一撃を口に加えてオートリリースというわけ。

おまけ 高足場からチューブラを使えば更に致命的なことが。
バイトが分からなかったり、バイトがあるのに乗らないとかバラシがかなり増えるんです。
それはロッドの硬さで吸い込みバイトをはじいてるからなんですね・・・・・。
恐るべし・・・・アジ仕様なのにアジが釣れないロッド・・・・。

これからジグヘッドでアジを!と思われている方は心に留めておいたら良いかもしれません。
やたらぺらぺらなロッド、竿先が極やわだけどチープだ!とかそういうロッドの方が釣れます。

iwayuu

iwayuu

[iwayuu fishing] ライトゲームジグヘッドの魔術師イワユウ

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


CALENDAR

2012年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。