エクストリーム離島フィッシング!

今回は一人で島へ渡ってまいりました。
宿無し、到着から日の出便までのおよそ13時間を釣りに費やしてきました。
まさにエクストリーム。

昨日購入したクーラーボックスに氷をしっかり入れ、5.3kgがおよそ8kg程まで重くなった。
まさにエクストリーム。

XEFO
前日からとても気温が下がりとても寒くなっていたので防寒着を引っ張り出し、準備は万端。

島へはこの2択を携帯。

ロッド:テイルウォーク スラッシュボイル75UL+
リール:シマノ カーディフC2000SS
ライン:バリバス ライトゲームPE0.3号

ロッド:テイルウォーク VIVID 96LL
リール:シマノ エクスセンスCI4 C3000M
ライン:ラパラ ラピノヴァX PE0.8号

まずデイではいつものごとくVIVID96LLでカサゴを狙う。

しかし爆風に次ぐ爆風。
後ずさりしてしまうほどの風・・・・だが!

プルプルプル!っと藻場ゲー、ファーストフィッシュはマイクロカサゴ君。
カサゴ!

マイクロカサゴ君をリリースして次は20cm台をキープ。

それから日が落ちてくるサンセットタイム。
夕日がオレンジでとても綺麗だ・・・。
が、空気を読んでくれないこの爆風いつまで続くのやら。。。

と日没までまったりと夕日を眺め、日没と同時にスラッシュボイル75UL+でアジを狙う。
が!

0.9gジグヘッドが全く飛びません。
キャロシンカーは本土に忘れてきました。
さてどうしようか・・・・。
2時間格闘の末行き着いた答え

A.1.3gジグヘッドに換装して向かい風にオールフルキャスト。

ぽつり・・・・・ぽつり・・・・・20cm台のアジが。
深夜12時頃までその「ぽつり・・・・・ぽつり・・・・・」が続き、
バイトサインがほぼ無くなろうかというとき。

「そういえばこの島イカ解禁されてるな。」
とVIVID 96LLに2.5号餌木を取り付け、フルキャストしてしばらく放置。
爆風を読み、藻場とブレイクの複合エリア境目を目指す。

その間、アジを2本追加。

置き竿状態のVIVID 96LLを手に取り、スラッグを取る。
ツンツン・・・・・・・・・・!
マキマキ。

ツンツン・・・・・・・・・・!
マキマキ。

イワユウ「ぜったい釣れない。ま、シャレだし練習のつもりで・・・・・」

とむ!

ぎゅぉぉぉおおおおっ!ぎゅぉぉぉおおおおっ!ぎゅぉぉぉおおおおっ!
エエエエェェェェェェェ!?

釣れたっ!
この引きは今までにないクラスだ!
軽くアワセを入れて優しく優しく巻く。

ぷぱっ!ぷぱっ!すい~っ、ぴとっ。
きぃぃぃいいいええええ!
海面ギリギリ足もとの敷石に張り付かれ恐る恐る引きはがす!
バリバリバリ!ひっこぬけろー!

イカ!
初の胴長15cmのレギュラーサイズ!
ヒャッホォォオオオオ!!!!

だが爆風は終わらない。

これで満足したのでさらにカサゴのターンに戻り20cm台を1本追加、
そしてスラッシュボイル75UL+に持ち替え、珍しく赤メバル21cmが。
金メバル21cm

それからアジ狙いに戻り激ムズフィールドを攻略していくのでした。
爆風は終わらない。

そしてヤツが・・・・・!サンライズがやってきた!
朝5時には風も無くなり、6時までのたった1時間だけ快適な釣が出来た。

日の出とともにベイトやフィッシュイーターたちが盛んになり、オートマティックにアジが連発!!
無風に近いので伝家の宝刀0.9gジグヘッドに交換し確実にとっていく!!

途中で3lbフロロリーダーが劣化でキャスト時にブレイク。
交換に手間取り時間をロス。
15本程釣ると日の出便が到着したので島を後にするのでした。。。

トータル

トータル
アジ64本 カサゴ3本 メバル1本 イカ1杯

今回買ったこのクーラーボックス、保冷効果が高くて魔法でも掛かっているのかと思うほど!
アジを投入する最低でも64回の点在した開閉にもかかわらずガッチリ氷が残ってくれました!

エクストリーム離島フィッシングのお陰で体中バキバキだぜ!!
体重落ちてなかったぜ!!ちくしょう・・・・

iwayuu

iwayuu

[iwayuu fishing] ライトゲームジグヘッドの魔術師イワユウ

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


CALENDAR

2013年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。